学習センター

生産過程:金属プレス加工

段階1:バーコードが推進された、WMSシステムが配備された材料と工具。

使用される全ての材料と工具は、バーコードが推進されたWMS(倉庫管理システム)システムの使用により、持続的に透写出来ます。


この利点は:


- 適切な材料が使用されていることを保証
-材料が、先入れ先出しシステムで処理されることが、確実
- 材料の全部の生産履歴管理:原料から最終産物まで
- より大きな納入の信頼のための在庫水準のオンライン監視

段階 2:金属プレス加工過程の説明

 

この過程では、原料は1つの動きで完成品に変わります:30の異なる操作を占めます。


これらのステップは、以下を含む厳しい許容範囲を達成するために統計的に明白です:


- 総合的な筋の形成
- 回転する軸受け筒と止め針の調整
- 円錐をDIN標準と-0.5°の角度の許容範囲に形成する
- +/-0.5°の角度の許容範囲の生産物のねじり
- 軸受ブッシュの直径+0.03mmの許容範囲での総合的調整
- バネのくぼみの形成、刃の強化、そしてボスを止める
- 正確な寸法での深鍋の深絞り
 

 段階 3:統制

統計に基づく過程統制とは、全ての部品は許容範囲以内:Cpk>1.67


 

さらに、生産はCMM(コンピューター化された計測機)で知られる3次元測定機を使い、周期的生産制御を条件としています。これらの測定は、柱状図、機能調査、などのために、自動的に統計的に作業されます。


製品が完成したら、Odetteシステムを使って識別され、納入はJIT(just in time/ 時間ぴったり )原理に従って行われます。
全体の作業を通して、全ての動きと在庫水準は、WMSによって監視され管理されています。

 

 

 

生産工程:プラスチック射出

段階1:バーコードが推進された、WMSシステムが配備された材料と工具。

使用される全ての材料と工具は、バーコードが推進されたWMS(倉庫管理システム)システムの使用により、持続的に透写出来ます。


この利点は:


- 適切な材料が使用されていることを保証
-材料が、先入れ先出しシステムで処理されることが、確実
- 材料の全部の生産履歴管理:原料から最終産物まで
- より大きな納入の信頼のための在庫水準のオンライン監視

 段階2:プラスチック射出の説明

 

 段階 3:統制

統計に基づく過程統制とは、全ての部品は許容範囲以内:Cpk>1.67

 

さらに、生産はCMM(コンピューター化された計測機)で知られる3次元測定機を使い、周期的生産制御を条件としています。これらの測定は、柱状図、機能調査、などのために、自動的に統計的に作業されます。


製品が完成したら、Odetteシステムを使って識別され、納入はJIT(just in time/ 時間ぴったり )原理に従って行われます。
全体の作業を通して、全ての動きと在庫水準は、WMSによって監視され管理されています。